雛人形・五月人形の選び方と通販情報

雛人形・五月人形は日本の大切な文化です。
小さいときに、お婆ちゃんと一緒に飾った雛人形。
ちょっと怖かったけど、毎年見てるうちに優しい顔がお母さんのように見えてきました。
大切な雛人形・五月人形。
買い方、飾り方、仕舞い方・・・いろいろ判らないことだらけ。
その上、どこから買ったら良いのか・・・。
そんな悩みに少しでもお役に立ちたいと思います。
雛人形・五月人形の選び方と通販情報トップ

雛人形をお買い求めのお客様の口コミ情報〜その2〜

2月もまだまだ半ば。
寒い日が続きますね。
でも、いつも元気なのは子供達。
この寒い日でも元気に外を駆け回ってる姿を見ると、こっちまで元気になってきます^^

もう少しすれば春がやってきます。
お子様、お孫様のひな祭り人形の準備はお済ですか?

雛人形、そろそろ娘も大きくなったし・・・どこかで買おうかな・・。
でも、お店行っても高いし、どれがいいのか・・・・
ってお悩みのお父さん、お爺さん、
購入した方の感想を入手しました。



その節は、東日本大震災後の岩手への配送依頼に初節句に間に合うかと心配致しましたが、1ヶ月前には届けて頂き、ありがとうございました。

女の子の孫の時にお雛様でお世話になりましたので、男の子の孫にも真多呂人形をとの娘夫婦のリクエストに、カタログの中の新作「五月童」を見て、皆の意見が一致。すぐに決めさせて頂きました。

転勤がありますので、保管も楽なこと、コンパクトに飾る事ができ、何と言っても一番は凛々しく逞しいお人形と兜、添えられた鯉のぼりやお道具の繊細な作りにも大変満足しております。

お人形同様、元気に逞しい男の子に育ってくれる事と思います。

大変お世話様になりました。

どうでしょう、雛人形&五月人形、通販でも買えるんです。
その上、もし上野にお越し頂ければ、現物が見れます。
お店の方ともお話ができます。
ご参考に・・・・・。


ひな祭りを盛大に
お子様、お孫様への雛人形選びに。
雛人形の通信販売はどうですか。


 ***************************************
   現在の人気ランキング第一位は、
   ◆瑞花雛11人飾り
   294,000円(税込)
   間口80cm×奥行62cm×高さ37cm
 ***************************************




雛人形をお買い求めのお客様の口コミ情報

いよいよ、3月のひな祭りが迫ってきましたね。
お子様、お孫様のひな祭り人形の準備はお済ですか?

雛人形、そろそろ娘も大きくなったし・・・どこかで買おうかな・・。
でも、お店行っても高いし、どれがいいのか・・・・
ってお悩みのお父さん、お爺さん、
購入した方の感想を入手しました。



雛人形はコンパクトに飾れる木目込みが良いのでは?と考えインターネットで調べ、初めて「真多呂人形」を知りました。
ホームページからカタログを請求したところ、りっぱなカタログが届き、母と一緒にすぐに上野のお店に伺いました。母も私も真多呂人形を一目で気に入り、スタッフの方の説明を参考に狭い我が家にもピッタリな、それでいて華やかで可愛らしい段飾りを選ぶことができました。
雛人形も昨日届き、飾りつけも無事おわりました。本当にいろいろと、ありがとうございました。

雛人形、無事に届きました。お店に伺った時は、たくさん展示されているおひな様に迷ってしまいましたが、お店の方が丁寧に説明してくださりとても良い雛人形を買えました。毎年、大事に飾らせていただきます。本当にありがとうございました。

2年前にお友達の家で、かわいらしい真多呂人形の雛人形を見て以来、自分にも女の子が生まれたら、初節句は真多呂人形にしたいと考えておりました。幸いにも昨年、女の子を出産。今回、念願の真多呂の雛人形を購入する事ができました。

真多呂人形との出会いは、娘の雛人形を探していた時です。
お顔、衣裳、コンパクトさ等、いろんな条件をクリアして購入しました。毎年、人形の出し入れに手間暇かからず飾る事が出き、私と娘にとってお気に入りの雛人形です。
今回は、ケース付きの人形がほしいという娘からの申し出で、孫に購入したものです。子供の日が過ぎてしまったので、年中飾る事が出来る「金太郎」に決めました。他の人形店にも見に行ったのですが、真多呂人形が置いてなく、気に入った物もなかなかなくて、ネット購入を考えました。これに決めて良かったです。(迷ったものもあったのですが・・)
人形と共に孫の健やかな成長を願っております。


どうでしょう、雛人形、通販でも買えるんです。
その上、もし上野にお越し頂ければ、現物が見れます。
お店の方ともお話ができます。
ご参考に・・・・・。


ひな祭りを盛大に
お子様、お孫様への雛人形選びに。
雛人形の通信販売はどうですか。


 ***************************************
   現在の人気ランキング第一位は、
   ◆瑞花雛11人飾り
   294,000円(税込)
   間口80cm×奥行62cm×高さ37cm
 ***************************************




「桃の節句」の由来って知ってますか?

さて、1月ももう明日でおしまい。
いよいよ桃の節句に端午の節句と続きますね。
ところで、桃の節句の由来って知ってますか?


■  桃の節句の由来  ■

桃の節句の起源は、平安時代からと言われています。
当時は、貴族の間だけで、季節の節目に、身のけがれを祓う行事とされていました。
平安時代、桃の節句の前身である「上巳の節句」の日には、薬草をつみ、その薬草で体のけがれを祓い、健康と厄除けを願ってました。
この行事が、後に紙の着せかえ人形遊びである「ひいな遊び」と融合され、その後、自分の災厄の身代わりとなる紙人形を川に流す「流し雛」へと発展しました。
室町時代になると、紙の雛ではなく、豪華なお雛さまを飾るようになり、宮中で盛大にお祝いするようになりました。
その行事が宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な商家や名主の家庭へと広がり、今の雛祭りへとなりました。

雛祭りは、女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての行事ですので、単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の子の健やかな成長を願う大切な行事となりました。


流し雛なんてのは、昔小さい頃にお雛様を紙で作って川に流した記憶があります^^
う〜〜〜ん、私も年ですね^^;
いずれにしても、子供の成長を願う親の気持ち、いつの時代でも変わりませんね。



■  日本の五つの節句  ■

日本には、五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があります。

・人日(じんじつ)…1月7日<七草粥>
・上巳(じょうし・じょうみ)…3月3日<桃の節句>
・端午(たんご)…5月5日<端午の節句>
・七夕(たなばた)…7月7日<七夕祭り>
・重陽(ちょうよう)…9月9日<菊の節句>

3月、5月、7月gは皆さんも知ってると思いますが、ほかにも節句はあったんですね〜。
七草粥は正月明けの行事と思ってましたが、立派な節句なんですね。
できれば、コレ全部祭日にしてほしいです^^;


ひな祭りを盛大に
お子様、お孫様への雛人形選びに。
雛人形の通信販売はどうですか。


 ***************************************
   現在の人気ランキング第一位は、
   ◆瑞花雛11人飾り
   294,000円(税込)
   間口80cm×奥行62cm×高さ37cm
 ***************************************




雛祭りの初節句マナーあれこれ

■雛祭りの初節句マナーあれこれ■

「初節句」は、生後はじめて迎える節句のことです。
お祝いの席をもうけ、親戚やお世話になった方をご招待して、いろいろご支援していただいた方々に対して感謝の気持ちをあらわしましょう。
但し、生まれてすぐに初節句を迎えるような場合は、翌年にお祝いを延ばします。

〇おもてなし側・身内側のマナー

ひな人形を送るのは

奥様のご実家がお送りするのが慣わしとなっています。
でも、最近では、両家で話し合って分担するケースも増えてきています。
住宅事情もあります。
事前にお子様のご両親に相談することをおすすめします。
ちなみに、あるところでアンケートを実施してみたところ、やはり現在でも 合せて70%近く母方が多いという結果が出ています。

〇誰を招待すればいい?

祖父母・親戚だけでなく、名付け親や仲人、初節句祝い・出産祝いをお送りくださった方をご招待しましょう。

〇祝い膳のお料理

蛤のお吸物、ちらし寿司が一般的です。ひな人形には、ひなあられ、菱餅、白酒をお供えしましょう。

〇お祝い返し

お祝いの席にご出席いただいた方には、おもてなしがお返しとなるので、お返しの品は不要です。
ご出席できなかった方には、節句から一週間以内にお返しするのが礼儀とされています。
のしは「内祝」と表書きし、お子様のお名前でお返ししましょう。
水引は紅白の蝶結びです。お返しの品はお菓子や紅白砂糖が定番です。

■お招きされる方のマナー

〇お祝い

お祝い金やおもちゃ、初節句にちなんだお菓子が定番です。
お祝い金は身内で1万円〜2万円位、ご友人・知人は5千円位が目安です。
のしは「御祝」と表書きをします。水引は紅白の蝶結びです。

いろいろと書きましたが、結局しきたりは基本です。
何よりも必要なのは感謝の気持ちとお祝いの気持ちですね。

楽しいひな祭りにしましょう。


ひな祭りを盛大に
お子様、お孫様への雛人形選びに。
雛人形の通信販売はどうですか。


雛人形を飾るときの時期って?

雛人形の飾りつけの時期、気になりますね。
いつが良いんだろ〜〜。
あんまり早くてもどうかと・・でも、あんまり間際になってもねぇ。
で、どうかといいますと・・・特別なしきたりは無いんです。

二月初めに飾り付け、そして三月半ば過ぎの晴天の日に片付けるのが一般的のようです。
よく、ひな祭りが終わったらさっさと片付けないとお嫁に行きそびれる・・って言いますが、それは無いようです。
なるべく長く飾って、春の季節感をたっぷり楽しんで下さい。

〇飾る場所は湿気のあるところや直射日光の当たる場所は避けて下さい。
人形の衣裳が変色したり、痛んだりする原因になりますので、充分に気を配って下さい。
〇人形を取り扱うときには、必ず手袋をして手や指の脂が人形の顔に付かないように気を付けましょう。
手や指の脂は人形に悪影響を与えます。
〇人形の入っていた箱や袋はしまう時に必要ですので、無くさないように注意します。
それぞれ人形にも自分の住みかというものがあります。
来年また元気よくひな壇に飾られるためにも、気持ちよく御休み頂きましょう。
どこに何が入っていたのかメモしておくと、しまう時に便利です。


お孫様への雛人形選びには真多呂人形の通販をご利用下さい。
伝統技法を現代に伝える職人技です。

ひなまつりの祝い膳

ひな祭りの楽しみに祝い膳があります。
お雛様を見ながら食べる祝い膳も楽しみですね。

雛祭りの食材1■蛤(はまぐり)■

栗に形が似ていることから、浜辺の栗・・>はまぐりと名づけられた、という説がありますが。だじゃれのようです(><)

蛤は、よくお祝いの膳にお吸い物として添えられます。
他の貝とは絶対に合わないことから一夫一婦の願いが込められているそうです。

元々、九州や沖縄などの地方でひな祭りの日に潮干狩りなどをして楽しむ風習があり、そのときに取った蛤を食べるようになったという説もあります。

本来は、1つの貝に身を2つ入れるのがしきたりだそうです。
仲むつまじい夫婦の姿が想像されていいですね。


雛祭りの食材2■菱餅(ひしもち)■

インド仏典の説話が起源との説があります。

何年も洪水が続く町がありました。
その度に、川に住む竜の怒りを静めるために女の子をいけにえにしていたそうです。
ある年、選ばれた娘の父親がどうしても我が子をいけにえにするのが忍びなく、娘を助ける為に菱の実を差し出したそうです。

菱の実は、食べると子どもの味がするんだそうです。
それ以来、その菱の実のおかげで女の子を犠牲にすることがなくなったそうです。よかったよかった。

菱餅の緑(よもぎ)は健康を、赤(桃や紅花)は魔除け、白は清浄の意味を表しています。
この赤には先ほどのお話しでの、かつて竜の犠牲になった子の血の色をあらわし供養の意味も込めているんだそうです。


雛祭りの祝い膳

和歌で有名な京都の名家・冷泉家では、人形を片付ける前日に雛道具を使ってお人形にごちそうをあげ、子供達もその前で同じ物を食べる習わしがあります。

ごちそうは、焼いた干魚・千切り大根の味噌汁・大根なます・煮物(焼豆腐とクワイとかまぼこ)・うるち米のみで炊いたお赤飯の5品です。

お雛様の前で食べるお赤飯、お母様やお婆様と一緒のご馳走、美味しいですよね。

桃の節句のお祝いに

3月は雛祭り、お孫さんへ雛人形を。
真多呂人形の通販はどうですか。

次女、三女の雛人形はどうするの?

ひな人形は、お嬢様を災いなどから守ってくれる身代わりのお守りとされて居ます。

長女が親王飾りなどの場合、次女・三女の方には官女様を買い足すなどされる方も多いようです。
お姉さんが3段飾りをお持ちでしたら、立雛など場所をとらない小さなお雛様を別にお求めになる方も多いようで。

市松人形や女の子のお人形を別に買ってあげる方もいらっしゃるようです。
最近は小さい親王飾りや立雛も数多く出来ています。
場所もそんなにとらないで飾れますので、それぞれのご本人のおひなさまをご用意される事をお勧め致します。
自分のお雛様、女の子の憧れですもんね。


雛人形の通販ならここ。経済産業大臣指定、伝統的工芸品。


大切な雛人形、自分の子供に引き継いでも大丈夫なのか?

小さいころ、大好きなお爺さんやお婆さんに買ってもらった大事な雛人形。
自分の子供に引き継いだらどうなるんだろう。
このまま仕舞っておいても勿体無いし・・・・
なんて思ったことはないですか?

おひなさまは、お子様に振りかかる災いを身代わりになって健やかに成長出来る様守ってくれるお守りと言われています。
神社のお守りなども子供には譲らないですね。
同じ考え方で、お母様のお雛様は、お母様が成人された時に立派に役目を果たしたと考えられています。

最近は昔と違いお人形の作りも良くなり、特に木目込みは形が崩れる事も無いので、お母様のおひなさまをお嬢様に、と言う方も多くいらっしゃるようですね。
傷んだ屏風やぼんぼり、お花などだけ買い替えるという方も多いようです。

本来は、お母様とお嬢様のおひなさまが二つ並べられれば一番良いようです。
が、昨今の住宅事情、また財政事情では、なかなか難しいようです。
お母さまのお雛様をお嬢様に引き継ぐなら、例えば官女さまを新しく足して引き継ぐとか、小さい立雛などを足して一緒にお飾りするなどの方法でもいいかと思います。

そのままあげちゃう・・ってのは、あまりよくないようです。
人形も、少しずつ増やしてあげれば賑やかでいいですしね。


お孫様への雛人形選びには
真多呂人形の通販をどうぞ。伝統技法を現代に伝える職人技です。


ひな祭りの起源って?

ひな祭りの起源ってご存知でしょうか。

その起源は平安時代の中頃です。かなり古い時代ですね、ひな祭りの歴史って・・・
この時代の人々、3月の初めの巳の日に、子どもの無病息災を願ってお祓いをする「流し雛」という行事を行っていました。
上巳の節句というそうです。
陰陽師をよび、天地の神に祈り、食物を供え、ワラや紙で作った人形(ひとがた)に災いや凶事を託して川や海に流すのです。
灯篭流しもそんな感じでしょうか。

また、そのころの宮廷の婦人や子ども達の間では「ひいな遊び」という遊びが行われていました。
紫式部の「源氏物語」や清少納言の「枕の草子」にも出てきますが、
紙で作った人形と、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、今の“ままごと遊び”のようなものです。
これが雛人形の起源でしょうか。

また、ひな人形と共に欠かせないものが、雛道具です。
雛道具は婚礼道具を模したもので、大きな家では女の子が誕生するとすぐ、雛道具の準備にとりかかりました。
気の早いことですが、昔の人の寿命はとっても短く、40以上生きる人は少なかったんです。
だから、早いうちに準備しておきたかったんでしょうね。

雛人形は、女の子の身代わり人形であると共に、幸せな結婚への願いも込められているんですね。

現在のようなひな祭りは、こうした行事や遊びがもとになって、できたものだそうです。

雛祭りの別名「桃の節句」とは


ひな祭りは、五節句(五節供とも)の一つです。
季節の節目に当たって心して邪気を祓い、新しい季節を迎える為のものでした。
その季節に生き生きしている旬の植物を食し、邪気祓いの為に、その力を自分の身体に取り入れる意味があったそうです。

<五節句とは>
・人日(1/7 七草…七草粥)
・上巳(3/3 桃、よもぎ…桃花酒、のちに甘酒、白酒)
・端午(5/5 菖蒲…ちまきや柏餅)
・七夕(7/7 竹、瓜…そうめん)
・重陽(9/9 菊…菊酒)

端午、七夕はよく聞きます。皆さんもご存知でしょう。

五節句は江戸時代に、宮廷文化を習って幕府が定めたものですが、「桃」こと上巳の節句は、古代中国行事が元になります。

漢の時代、徐肇という人に女の三つ子が誕生しましたが、三日後の三月始めの巳の日、三人とも亡くなってしまいました。
これを祟りと考え、人々は水浴しケガレを祓ったのです。
以来この日を悪日として、水辺で不浄を清める行事が始まったのです。

これを「曲水の宴」といいます。
これが日本の行事と結び付き、次第に「ひな祭り」へと進化して行ったそうです。


<桃の節句と季節の植物>

また、桃の季節という事もありますが、古来から桃は魔除けの植物として信仰を集めています。
古事記には、イザナギノミコトが黄泉の国から追ってきた鬼を、桃の実を投げて撃退したと言う話があります。
他にも、桃から生まれ鬼を倒した桃太郎、不老長寿の実、桃を食べて仙人になった中国の話、など、桃には様々な言い伝えや信仰があります。
桃は、節句の邪気払いをするには、最適な植物だったのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。