雛人形・五月人形の選び方と通販情報

雛人形・五月人形は日本の大切な文化です。
小さいときに、お婆ちゃんと一緒に飾った雛人形。
ちょっと怖かったけど、毎年見てるうちに優しい顔がお母さんのように見えてきました。
大切な雛人形・五月人形。
買い方、飾り方、仕舞い方・・・いろいろ判らないことだらけ。
その上、どこから買ったら良いのか・・・。
そんな悩みに少しでもお役に立ちたいと思います。
雛人形・五月人形の選び方と通販情報トップ > 人形豆知識 > ひな祭りの起源って?

ひな祭りの起源って?

ひな祭りの起源ってご存知でしょうか。

その起源は平安時代の中頃です。かなり古い時代ですね、ひな祭りの歴史って・・・
この時代の人々、3月の初めの巳の日に、子どもの無病息災を願ってお祓いをする「流し雛」という行事を行っていました。
上巳の節句というそうです。
陰陽師をよび、天地の神に祈り、食物を供え、ワラや紙で作った人形(ひとがた)に災いや凶事を託して川や海に流すのです。
灯篭流しもそんな感じでしょうか。

また、そのころの宮廷の婦人や子ども達の間では「ひいな遊び」という遊びが行われていました。
紫式部の「源氏物語」や清少納言の「枕の草子」にも出てきますが、
紙で作った人形と、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、今の“ままごと遊び”のようなものです。
これが雛人形の起源でしょうか。

また、ひな人形と共に欠かせないものが、雛道具です。
雛道具は婚礼道具を模したもので、大きな家では女の子が誕生するとすぐ、雛道具の準備にとりかかりました。
気の早いことですが、昔の人の寿命はとっても短く、40以上生きる人は少なかったんです。
だから、早いうちに準備しておきたかったんでしょうね。

雛人形は、女の子の身代わり人形であると共に、幸せな結婚への願いも込められているんですね。

現在のようなひな祭りは、こうした行事や遊びがもとになって、できたものだそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。