雛人形・五月人形の選び方と通販情報

雛人形・五月人形は日本の大切な文化です。
小さいときに、お婆ちゃんと一緒に飾った雛人形。
ちょっと怖かったけど、毎年見てるうちに優しい顔がお母さんのように見えてきました。
大切な雛人形・五月人形。
買い方、飾り方、仕舞い方・・・いろいろ判らないことだらけ。
その上、どこから買ったら良いのか・・・。
そんな悩みに少しでもお役に立ちたいと思います。
雛人形・五月人形の選び方と通販情報トップ > 人形豆知識 > 雛祭りの別名「桃の節句」とは

雛祭りの別名「桃の節句」とは


ひな祭りは、五節句(五節供とも)の一つです。
季節の節目に当たって心して邪気を祓い、新しい季節を迎える為のものでした。
その季節に生き生きしている旬の植物を食し、邪気祓いの為に、その力を自分の身体に取り入れる意味があったそうです。

<五節句とは>
・人日(1/7 七草…七草粥)
・上巳(3/3 桃、よもぎ…桃花酒、のちに甘酒、白酒)
・端午(5/5 菖蒲…ちまきや柏餅)
・七夕(7/7 竹、瓜…そうめん)
・重陽(9/9 菊…菊酒)

端午、七夕はよく聞きます。皆さんもご存知でしょう。

五節句は江戸時代に、宮廷文化を習って幕府が定めたものですが、「桃」こと上巳の節句は、古代中国行事が元になります。

漢の時代、徐肇という人に女の三つ子が誕生しましたが、三日後の三月始めの巳の日、三人とも亡くなってしまいました。
これを祟りと考え、人々は水浴しケガレを祓ったのです。
以来この日を悪日として、水辺で不浄を清める行事が始まったのです。

これを「曲水の宴」といいます。
これが日本の行事と結び付き、次第に「ひな祭り」へと進化して行ったそうです。


<桃の節句と季節の植物>

また、桃の季節という事もありますが、古来から桃は魔除けの植物として信仰を集めています。
古事記には、イザナギノミコトが黄泉の国から追ってきた鬼を、桃の実を投げて撃退したと言う話があります。
他にも、桃から生まれ鬼を倒した桃太郎、不老長寿の実、桃を食べて仙人になった中国の話、など、桃には様々な言い伝えや信仰があります。
桃は、節句の邪気払いをするには、最適な植物だったのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。