雛人形・五月人形の選び方と通販情報

雛人形・五月人形は日本の大切な文化です。
小さいときに、お婆ちゃんと一緒に飾った雛人形。
ちょっと怖かったけど、毎年見てるうちに優しい顔がお母さんのように見えてきました。
大切な雛人形・五月人形。
買い方、飾り方、仕舞い方・・・いろいろ判らないことだらけ。
その上、どこから買ったら良いのか・・・。
そんな悩みに少しでもお役に立ちたいと思います。
雛人形・五月人形の選び方と通販情報トップ > 人形豆知識 > 大切な雛人形、自分の子供に引き継いでも大丈夫なのか?

大切な雛人形、自分の子供に引き継いでも大丈夫なのか?

小さいころ、大好きなお爺さんやお婆さんに買ってもらった大事な雛人形。
自分の子供に引き継いだらどうなるんだろう。
このまま仕舞っておいても勿体無いし・・・・
なんて思ったことはないですか?

おひなさまは、お子様に振りかかる災いを身代わりになって健やかに成長出来る様守ってくれるお守りと言われています。
神社のお守りなども子供には譲らないですね。
同じ考え方で、お母様のお雛様は、お母様が成人された時に立派に役目を果たしたと考えられています。

最近は昔と違いお人形の作りも良くなり、特に木目込みは形が崩れる事も無いので、お母様のおひなさまをお嬢様に、と言う方も多くいらっしゃるようですね。
傷んだ屏風やぼんぼり、お花などだけ買い替えるという方も多いようです。

本来は、お母様とお嬢様のおひなさまが二つ並べられれば一番良いようです。
が、昨今の住宅事情、また財政事情では、なかなか難しいようです。
お母さまのお雛様をお嬢様に引き継ぐなら、例えば官女さまを新しく足して引き継ぐとか、小さい立雛などを足して一緒にお飾りするなどの方法でもいいかと思います。

そのままあげちゃう・・ってのは、あまりよくないようです。
人形も、少しずつ増やしてあげれば賑やかでいいですしね。


お孫様への雛人形選びには
真多呂人形の通販をどうぞ。伝統技法を現代に伝える職人技です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。